2019年08月31日

スノーボード北海道ツアー!!

まだまだ暑さが続く時期ですが、
今シーズンのスノーボード北海道ツアーのご紹介です!

1.札幌ステイ 「札幌国際スキー場」・「サッポロテイネスキー場」
日程:12月28日(土)〜30日(月) 2泊3日

DSC_0856[1].jpg DSC01762[1].jpg 071[1].jpg

「札幌国際スキー場」は車で札幌市内から約1時間、北海道でも屈指のパウダースノーと広大なゲレンデが自慢のスキー場です。
札幌近郊のスキー場の中では営業期間が長く、例年11月中旬〜5月上旬までオープン。初級者から上級者に対応した7コースと、ソリやチューブで遊べるスノーパークがあります。
高速4人乗りフト登場!オートゲート導入でリニューアルされました!


mv02[1].jpg image3.jpg image4.jpg

「サッポロテイネスキー場」は札幌オリンピックのアルペン回転競技場であったという歴史を誇るスキー場。コース数は15を誇り、総面積にいたっては76haとこれまた広大です。
無料送迎バスも運行し、札幌から気軽に行けるスキー場として人気が高く、フリースタイルやスノーボード専用パークも用意されており、豪快なエアーを決める姿が見られます。
頂上のオリンピアハウスから望む石狩湾の眺望は必見の価値ありです。


2.ニセコツアー
日程:未定ですが、1月のツアーを予定しています。

PC310056.JPG PC310110.JPG

PC300044.JPG PC300048.JPG

北海道のニセコは、標高1,308.2mのニセコアンヌプリの北東から東、南西へと面した日本でも有数の広大なスノーエリアとして有名です。北東から「ニセコHANAZONOスキー場」、「ニセコグラン・ヒラフスキー場」、「ニセコビレッジスキー場」、「ニセコアンヌプリ国際スキー場」と大きく4つのスキー場に分かれ、それぞれに特徴あるコースが広がっています。
スキー場の規模が大きいだけあって宿泊も充実しています。超高級リゾートホテルから旅館、民宿、ペンション等様々な形態の宿泊施設がスキー場から歩いて行ける範囲に集約されています。また、各スキー場内には様々なレストランがありフードエリアも充実しています。

北海道の美味しいものを食べながらゲレンデを満喫しましょう!
お問い合わせお待ちしています(^o^)/


セイルアウェイホームページ

posted by セイルアウェイ at 14:38| Comment(0) | セイルアウェイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。